140文字にはいりきらない話

自分用まとめであり、覚書であり。

100年に一度の1756の日!

ごろさんの日ということで、ごろさんについて書いてみようかなと、久しぶりにブログの更新をすることにしました。
SMAPにどっぷり浸かる前の私は、ごろさんはクールでかっこよくて、ワインが大好きな貴公子ってイメージでした。
そのイメージはほとんど変わっていないのですが、新たにわかったごろさんの魅力が多すぎて…最近私のすんでいる地方ではごろさんはラジオでもテレビでも見れないのでとても悲しく思っています。

さて、新しく発見したごろさんの魅力について
ファンの方はもうわかっておられることなので、知ってるよっ!って突っ込みたくなるものばかりだとは思いますが、温かい目で見ていただけるとなによりです。もし間違った情報がありましたら、こっそり教えていただけると幸いです。

 

まずは、実は少年の心を忘れない、無邪気な一面。
つんくさんゲストのビストロかな?勝利チームにガンダムの動く模型?がプレゼントされたやつです。
メンバーもごろさんがこういうの大好きだってのは分かってるから、ちょっとサプライズちっくにみせてあげるのもよかったですよね。゚(゚´ω`゚)゚。
「二足歩行シャアザクじゃん!!」
の、キラキラした目のごろさん…!!!
BB弾のミリ数までわかるところはもう…なんか一周回って愛おしさしかなかったです。

あと、これはスマスマのときかな〜紙飛行機飛ばすやつ。ごろさんの本領発揮って感じで、愛おしさあふれ出ました。
自分の飛行機とばしたあとに、
「ほら!ほら!!」
っていうごろさんのかわいさ(*´ω`*)

先日のゴロデラの、「僕も!僕も!!!」
の愛おしさに似たものがありましたよね…ごろさんいつまでも少年…

きっと、光GENJIのバックで踊ってた時に、かーくんのソロで1人目立とうとしてたごろさんも、こんな感じだったんだろうなあって、今なら容易に想像できます(*´ω`*)

 

もう一つは、ひたすら駄々っ子なわがままごろさん。
最初のうちは、そういう駄々っ子なところ、すっごくひやひやしてたんです。笑
ごろさんこんなこと言って大丈夫なの?!
ってなったし、私が共演者とか、スタッフさんなら、すっごいごろさんのこと嫌になると思う笑

でも、これがごろさんなのかな〜って、なんか笑えるようになってきたので、きっと吾郎沼に両足浸かってしまったんだと思います。笑

そして、スタッフさんもどう思われているかは別にしても、そういうごろさんを理解してくれてるんだなあって思います。たくさんいい人に囲まれていて、幸せだなあと思うし、頑張りましょうのADのやつなんて、ちょっとごろさんの成長記みたいなとこもみえてw

協調性とか全く似合わないからなあ、ごろさん…
そういう面でも、SMAPという社会にはたくさん助けてもらってたんだと思った。お兄ちゃんがいて、弟がいて、きっと怒られることもたくさんあったと思うけど、おんなじくらい愛情たっぷり育ててもらったんだろうなあと…(誰目線)
これからも、我が道を行くスタイルで、ごろさんらしく駄々こねてて欲しいなあ。


そして、最後に、SMAPメンバーとの距離感というか、関係性も、最近になって分かってきました。
特に好きなのは、きむごろ、しんごろw
「僕の木村君!」感だしちゃうごろさんはもう、微笑ましいしかないですよねw
あとなぜかしんごと仲悪いというか、しんごには当たり強い感じもとてもすきw
ビストロで、メンバーにも料理を分けてあげてる時に、僕の木村君にはバナナ2つなのに、しんごには1つのやつ…あれは腹抱えて笑いました(*゚▽゚*)

「木村君、2つ入れといたから♡」
からの
(^~^●)あれ?おれ1つしかない
「お前は一つでいいんだよ!(切)」


あーーーーーSMAP愛おしいーーーー(叫)

 

ちょっとまとまりなくなってきましたが、とにかく1756の日!!!おめでとうございます。
いつまでも、貴公子で駄々っ子で少年のようなSMAPごろさんでいてください。
アイシテマス!!!

今更ながら「GOOD LUCK!」をみた話

今更ながら、グッドラック!!見ました。

 

 

多分前に見たことあるような気はしてるんですが、ぼんやり、とばしとばしの記憶しかなかったので、まとめて一気に見ました。

 

 

感想というより、覚え書き…もっとひどいかもしれませんが、好きなところやツボなシーンをまとめてみます。

 


ちなみに、まだ最終話みれてません。最終話だけ借りれませんでした。13年くらい前のドラマなのに、まだレンタルしてあるって、すごい。拓哉さんすごいわ。
でも早く返してください(切実)

 


物語は、新米パイロット?副操縦士の新海元を軸に、愛と友情と仕事の大変さを教えてくれるドラマになっております。(雑ですいません)

 

 

柴咲コウさんがとりあえず可愛いです。パイロットと整備士の恋っていうのがなんかいいですよね。実際あるのかしら。

 

個人的には、内山理名さんが憎めなくって好きでした。新海さんに全く、まっっっっっったく相手にされないけど、めげない。ポジティブガール。
でも新海さんに「仕事してる時はいい顔してる」って言ってもらって、それだけで仕事頑張れちゃうんだよなあ〜〜〜わかるとてもわかる。
8割は相手してもらえないけど、たまにそう言ってもらえたり、車乗せてもらえたりしたらもうキュンキュンですよねわかります。
なんかもっと真面目で自分のこと愛してくれる人とくっついてくれたらなあと、密かに応援してます(誰)

 

 

木村拓哉さん演じる新海さんはね、とにかく若い。熱い。若すぎてミスというか、突っ走っちゃうこともあるの。勝手な判断で動いちゃうこともあるの。口がすぐ出るし、手も出しそうになるの。喧嘩っぱやそー。
でも、それをしっかり叱ってくれる上司がいて、話を聞いてくれる先輩がいて、見損なったって正直にぶつかってくれる仲間がいて、一話一話、成長して行くのです。


若さゆえというか、新海さんゆえの突っ走り方がもうね、みていて清々しいときもあれば、ハラハラしちゃうときもあるの。あー!!それはー!!だめー!!みたいな。最初は「木村拓哉」を見てるつもりだったんだけど、彼の中に「新海元」がすーっとなじんでて、さすが拓哉さんだなあ、と。

 

 

基本は仕事なんですけどね、ちょこっと描かれるきゅん♡ポイントがたまりませんねー
香田さんと歩実が一緒にご飯食べに行ってたのに嫉妬して

「お前、ムカつくんだよ」
「え?」
「お前と香田さんが一緒にいるのみてると…なんかムカつくんだよ」
「わたしも…」
「は?」
「わたしも、あんたがあの女追っかけてったの、ムカついた」
(ごめんなさい会話ニュアンスです)

 

この会話からの、どっかデートしに行こうって流れ…
特に、好きだとか、だから付き合おうとかじゃないんですよねー。じゃあデートらしいことしよう。ってのが自然にできるのがなー。キュンとしました。
ちゃんと言ってくれないとわかんない!ってこともあると思うんですけど、新海さんだから信用できますよね。急に「え?俺ら付き合ってないよね?」とかは絶対言わない。そういう信用がある人ですよね。
しかも新海さんって、熱くなってカッと切れちゃうことがしばしばあるんですけど、女の子にはホンッッット優しい。自分の彼女だと尚更だし、甘えるし、ほんま…

 

 

約束のデートをする日、仕事で成田まで帰ってこれなくなって(実際には帰ってきたんですが)歩実もしょうがないなって思ってたところでの電話とか。
甘えモード全開でとってもキュート。
「あーーいてーー!!」とか「お願い!」とか、かわいすぎか。
それでいて、ファミレスに歩実が来てくれたら、安心して寝ちゃうんだよね〜しょうがないわんこ!!!!!

 

 

あとは、歩実が手を怪我してるのに手をつなごう?として「痛いっ」ってなって
でも立ち上がった時に、歩実から反対の手で手を繋いでくるんですね。
それを感じた新海さんが手を握り返す、からの
グッと自分の方に引き寄せる!!!!
きゃーーーーーー(〃ω〃)
キュンキュンがとまりませんね。ほんとありがとうございます。

 

 


お父様とのシーンもとても好きです。
男手一つで育ててくださったお父様。少し頑固なところがありますが、とっても愛に溢れています。家を継がずに、きっと半ば喧嘩のように家を出たであろう元さん、たまに帰って来ても、弟を介してしか会話をしない笑
お互い頑固でそっくりだな〜って感じです。
歩実を家に連れて来た時は、お客様の歩実には終始ニコニコでなんかあったかくなりました。
歩実に、新海さんのことを話すところ…もう涙なしでは見れませんでしたね。やっぱりお父さんなんだな〜〜愛だな〜〜


香田さんと冨樫さんの恋も気になりますね!!!はやく借りに行きます!!笑


かなりざっくりした、自分の気になったところだけの感想になってしまいました笑
とりあえず、演技をする木村拓哉が大好きだということを、またまた再確認しました。


次は何見ようかなあーーー!!

2017年にSMAPという沼にはまってしまった話

タイトルの通りなのですが、はまってしまいました。ずぶずぶです。なんで今なのか、どうやってはまっていったのか、自分の中でもはっきりさせたくて、かいてみることにしました。

 

 

 

私とSMAPの出会いは…とりあえず物心ついた頃には彼らは一線で活躍していて、知らない方が難しいという感じでした。小学生の頃はスマスマをみたり、メンバーの出ているドラマをみたり、オタクというよりは、茶の間ファンという感じでした。学校でいこうとかも流行ってたので、V6もかっこいいな〜って思ったり、KAT-TUNがデビューした時は亀梨派?赤西派?って話をして学校で盛り上がったり、よくいる小学生の1人でした。
ちなみにその頃は、SMAPなら慎吾くんが好きでしたね。可愛くて面白くて、天真爛漫な感じが好きでした。

 

 

 

その後も、SMAPをテレビで見ることはしょっちゅうですが、コンサートに行ったりCDフラゲしたり、そういうことはなく、月日は流れて今に至ります。(中高6年間は他のジャニーズグループにどっぷりはまってしまってたのですが、その話はまたにします。)

 


そんな私がどうしてSMAPという底なし沼にはまってしまったのか…
理由は主に2つあります

 

一つ目が、つとぷ という沼にはまってしまったことです

 

以前から2トップ、つまり中居正広木村拓哉の付かず離れずの距離感にいながら絶対的な信頼感を持ち続けている関係性にかなり興味はあったのです。同い年という萌え、高校が同じという萌え、エースとリーダーという、役割は違えど大きな責任を抱える2人という萌え。まさに2トップ。確実に大好きな関係性だとは感じていたのですが、2017年はいってから自分の生活にかなりゆとりというか、余裕ができて。その余裕にすっぽりはまってきたのがつとぷでした。
過去エピソードや映像をぐるぐるぐるぐる。そうしているうちに、抜け出せないところまで来てしまいました。つとぷから、わちゃすまへと、どんどん抜け出せなくなりました。


二つ目が、木村拓哉のドラマです。
先ほども書いたように、余裕ができた時間に、過去ドラマみたいな〜〜と思って過去ドラマを一気見するのにはまっていたんですね。最初はジャンル問わず、人気だったドラマを見ていたんですが、ある日「HERO」に出会ってしまいまして…
恥ずかしながら、HERO見たことなかったんです。ジャニーズとか興味なさそうな友達でさえも、HERO面白いよって言ってたのに、ふ〜ん、そうか〜〜って、完全に流してた過去の自分を殴りたいです。
HERO面白すぎて、木村拓哉のドラマ最高やん…って今更気づかされました。久利生さんんんんんんん!!田中要次さんの「あるよ」とかダイスキです。

というかこの辺から、木村拓哉って最高…拓哉さん…セクシーでキュートでいつでもどこでもかっこいい拓哉さんにメロメロになってしまうわけなんです…

しかもタイムリーにアライフ、してたからね…私にとって日曜日は沖田先生のための日になりました…

ロンバケもちゃんと見たことないので、今度借りようと思います…みなさんおすすめあったら教えてください…


そんなこんなでSMAPという底なし沼にはまってしまったのはいいものの、知れば知るほど、切ない気持ちにもなり、とにかく「SMAP」がみたい。という気持ちでいっぱいです。

スマヲタ歴はドドドドドドドド新規ですが、わたしもSMAPの復活を、華麗なる逆襲を、全力で応援したいと思っています。